NISA投資のメリット

NISAって一体どのような制度?

NISAは少額投資非課税制度とも呼ばれ、イギリスのISA(個人貯蓄口座)を参考にして作られました。投資をする際にNISA口座を利用する事で、年間投資額120万円を上限に、株式や投資信託による配当益や売却益にかかる20.315%の税金を非課税にする事が可能となります。この制度は2014年から開始され、2023年まで毎年120万ずつ非課税枠が設定される事となり、それぞれの非課税期間は5年間、最大600万円までが対象となります。
口座開設や取引には手数料が発生しますが、それは一般口座での取引と同様ですので、特に大きなハードルなく税制優遇を受けて資産運用ができるのは非常にメリットが大きいと言えます。ただしNISAを利用するためには、全く新規で投資取引を始める必要があり、従来取引していた株式などをこの制度に適用させる事はできません。

NISAに適した取引とは?

NISAを利用した取引の最大のメリットは、何と言っても投資益に対する税金の免除です。例えば120万円分の株式をNISA口座と一般口座で運用する場合を考えてみます。売却益が10万円出たとすると、NISA口座は税金の支払いが0円であるのに対し、一般口座では約2万円の課税が発生します。もちろん、この差は投資益が大きくなるほど拡大する事となります。
この様な税制優遇を受けられるNISAに適した取引はどの様なものでしょうか?この制度の特徴ですが、非課税期間中に株式を手放した場合、その非課税枠は復活しないといったルールがあります。例えば、120万円の株式の内60万円分を2年目に売却したら、残りの3年で非課税対象となるのは60万円分のみです。これより、デイトレなどの短期でメリットを狙う投資ではなく、中長期的に配当益が見込め、さらには期間満了時に価値増大が期待できる様な投資が適していると言えます。
NISAは仕組みを理解すれば初心者でも始め易く、大きなメリットを受ける事が可能ですので、上手に活用してしっかりと利益を上げましょう。